車のバッテリー上がりの対処法!私が試した最も簡単な方法とは?

バッテリー上がり

車のトラブルの一つとして最も多いバッテリー上がり!
その数は何と年間80万件以上とJAFの救援依頼NO.1の症状です!

そんなバッテリー上がりを私自身起こしてしまい
そのときにすごく便利だった最も簡単な方法をご紹介いたします!

車のバッテリー上がりの対処法

車の駐車中に室内灯やスモールライトの付けっぱなしで
バッテリー上がりを起こしてしまったり
長い間、車を使用していなかったり等原因は様々です!

私の場合は一か月に一度位しか車に乗る機会がなく
慢性的に充電不足でさらに自然放電が原因による
バッテリー上がりを経験してしまいました!

はじめてのバッテリー上がりでかなり焦りましたが
ネットで色々と調べて見るとなんとも便利そうなアイテムを発見しました!

その名もジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーです!

実際に購入して使ってみたのですが、これがなんともすごくて
作業時間も30秒くらいでエンジン始動に成功したのです!

実際に購入したジャンプスターター

通販で実際に購入してみたのがこちらのジャンプスターターとなります!

かなりコンパクトで使いやすいです!

同じメーカーの商品のジャンプスタートの動画を発見しました!
こんな感じでめちゃめちゃ簡単にエンジンがかかるんです!

いかがでしたか。世の中にはこんな便利なものがあるんだと
かなり感動を覚えたのです!

ジャンプスターターを買ってみた感想

ジャンプスターターはすぐにエンジンがかかって大変助かったのと
今後のことを考えても、一台持っていると非常に安心なので買って本当によかったです!

そして、その後数ヶ月が経過して気がついたのですが
私自身はじめてのバッテリー上がりで、さらに車にもあまり慣れていなかったので
今回、よくわからないままジャンプスターターを購入したのですが

改めて思うのですが、ジャンプスターターは車で充電できる方が便利だと気がつきました!

購入時は薄くてかっこいいと思って購入したのですが
私のタイプはパソコンで充電するタイプなのですが
充電するのがめんどくさいです!!

あと充電した後もしばらくするとジャンプスターターを使っていなくても容量が減るので、
減りすぎるとジャンプスタートできなくなってしまうので意味がなくなってしまうのです!

後、基本的にモバイルバッテリーなので、スマホなど充電できるので
持ち運び用なら薄い方がいいかななんてことも思ったのですが
結局持ち運ぶことはなかったので、車に置きっ放しであることが多い事に気がつきました!

ジャンプスターターはどれがいい

以上のことを踏まえた上でおすすめなジャンプスターターはと言いますと

LUFTのジャンプスターター

LUFTのジャンプスターター13600mAhとなります!

このジャンプスターターがどうしておすすめかと言いますと

先ほど挙げた不満な点を全て解消してくれるのです!

おすすめの理由その1

おすすめの理由その1は車両用充電器が付属していることです!
やっぱり車に乗りながら充電できるのはすごく良くて

結局、ジャンプスターターとして考えるモバイルバッテリーは
車で移動することを前提として考えた方が得策です!

薄くて持ち運びやすいといった理由からジャンプスターターを選ぶと
私のように後々思うことが出てくる可能性が高いですね!

おすすめの理由その2

おすすめの理由その2はバッテリーが長持ちするところです!
マイナス20度から60度の過酷な環境にも使用できる耐久性と

自然放電は少なくて、満充電した状態なら車内に置きっ放しでも
約3ヶ月から5ヶ月ほどバッテリーが持つのです!

いざという時に受電量が足りなくてジャンプスタートできなかったという
トラブルが多い中、置きっ放しでも約3ヶ月から5ヶ月ほど
バッテリーが持つというのは魅力ですね!

おすすめの理由その3

おすすめの理由その3は残りの容量が数値化されているので一目でわかるという点です!
私のジャンプスターターもそうなのですが、充電の残量がわかりづらい商品は多いです!

よって、残量によってはジャンプスタートできるパワーが残っていなく
エンジンがかからないといったことが良くあるので

充電残量表示が見やすいといった点は非常にありがたいですね!

車のバッテリー上がりの対処法

いかがでしたか。私が試した最も簡単な車のバッテリー上がりの対処法は
ジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーで対処するでした!

本当に簡単で女性にも超おすすめなんですよね!

そして、ジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーを買うなら
LUFTのジャンプスターター13600mAhがおすすめです!

先ほどおすすめのポイントとして挙げた車両用充電器が付属していること、
車内に置きっ放しでも約3ヶ月から5ヶ月ほどバッテリーが持つこと、
充電残量表示が見やすいといったこと意外にもいろいろと便利な機能がついています!

ちなみに旧式タイプで充電残量表示がないのですが、LUFTのジャンプスターターで
エンジンをかける動画が参考になるかと思いますのでどうぞご覧ください!

いかがでしたか。めちゃ簡単にエンジンがかかるのです!

多少厚みはありますが、車内においておくことが多いので
全く気にならないかと思います!

そして、今ならメーカー希望小売価格:14,980円が
税込¥8,980で手に入れることができるのです!

もちろん送料無料となっておりますので
バッテリー上がりで困っているようでしたら
LUFTのジャンプスターター13600mAhを試して見てはいかがでしょうか。

 

⇒LUFTのジャンプスターターをもっと詳しく